賃貸の退去時にかかる修繕費相場

あなたの賃貸生活をサポートするインフォメーションサイト

基本的な事例から退去費用について考える

あなたは敷金・礼金をどのように考えていますか。礼金は慣習の名残ですが、敷金には補償金の役目に加えて、退去時の修繕費用としての側面もあります。 修繕費用を含め退去時にかかる費用が高額になることは珍しくはありません。 退去時に敷金を回収するためにも基本的な情報を抑えておくことをお勧めします。

初めて賃貸退去する方にも役立つ修繕費の基本情報と相場

退去費用が生じる具体的な要因は大きく二通りに分類されます。
一つは賃貸物件や物件内の備品・設備の破損や紛失です。
具体例としては鍵の紛失や、壁・床、備え付けの家電の破損などが考えられますが、故意であれ過失であれ、貸主側に修繕費用の請求権があるわかりやすい事例です。
二つ目は盲点となりやすい、賃貸物件の維持管理及び設備のメンテナンスです。
こちらも具体例を挙げますが、定期的なエアコンやクーラーの清掃を怠った結果、エアコンやクーラーが破損した場合や、水回りにおいてカビや水垢が発生した場合、たばこのヤニが壁に付着した場合にも修繕費余殃を請求されます。

多くの借主が意外に見落としていることが多いのですが、賃貸物件を借り受けた場合には、退去時「原状回復」つまりは自然損耗を除く、清掃等のメンテナンスを中心とした賃貸物件の保全に努めることを求められると契約時の書類に明記されていることが大半ですが、「原状回復」に関して一定の理解が無い借主の場合、賃貸物件及び設備等のメンテナンスは怠りがちです。

進学や就職、転勤・転校などで賃貸物件を借りる機会は間々ありますが、新生活への対応に手いっぱいとなり、入居契約を交わす際に退去費用に関する項目を見逃すことも増えがちです。
本サイトは退去費用等の余計な出費を避けたい方向けに、賃貸物件の退去費用に関する基本的な情報や各種安全対策を集めたコラムとなっておりますので、新生活を始める前に是非ご一読ください。

ガイドラインをベースとした原状回復の貸主と借主の負担配分

修繕費の支払いにおいて貸主と借主の負担は本来どのような比率が適正なのでしょうか。 賃貸物件が身近になった現代において、負担や責任の所在を明確にしておくことは、自衛のために必須とも言えます。 そこで、国土交通省がまとめたガイドラインと共に賃貸物件の負担及び責任の所在を取りまとめました。

修繕費をはじめとした退去費用の高額化の原因と対策

修繕費の高額請求によって、賃貸物件の退去時に貸主と借主の間でトラブルが起こるケースは後を絶ちません。 賃貸物件に対する扱いがぞんざいな借主の場合は、貸主が修繕費用を請求することは当然と言えますが、一方で貸主側の不当請求も見過ごせないでしょう。 本項では、貸主と借主とのトラブルの原因と対策に触れています。