あなたの賃貸生活をサポートするインフォメーションサイト

基本的な事例から退去費用について考える

賃貸を退去する際の修繕費に関する留意点

賃貸物件は文字通り借主が貸主に「賃貸」している物件です。
そのため一般的に賃貸物件を退去する際に求められる各種修繕費用は、借り受けた側が借り受けた時の状態にある程度戻す即ち「原状回復」を行うために支払うものと思われがちですが、実は基本的には貸主が支払うのが基本です。

また、賃貸物件の経年劣化や通常の損耗に関しては賃料に含まれているので、借主が契約の範囲内で通常使用及び管理を行った賃貸物件であれば、退去時の費用は清掃費用やごみの撤去費用などに限られてきます。
つまり、本来であれば賃貸物件を退去する際にかかる費用はそう高額にはならないはずですよね。
しかし、必ずしも退去時に支払う修繕費用が安く済むわけではありません。
賃貸契約は貸手と借手の合意に基づくものであるため、入居時の契約内容によって修繕費用の請求額には大きな違いが出るためです。

退去時の賃貸物件の修繕費の相場

クリーニング費用などは物件の広さに比例して高額となる場合もありますが、業者によるところが大きく広さや汚れの度合いに応じて料金が割り増しになる業者があれば、広さ等に関係なく一律で代金を徴収する業者もあるので、相場を図るのは難しいものがあります。
そのため、あくまで指標となりますが、清掃費用は2万円以上、加えて破損時の補修費用は壁紙・フローリング・ガラスの破損等はそれぞれ2万円以上、クローゼットの破損等で3万円以上が一般的な修繕費用となっています。

ちなみに各種備品等の紛失に関しても同様に費用を請求されるため、賃貸物件を借り受けた際には、貸主立会いの下で部屋の初期状態を写真や画像などの形で保存しておくと、部屋や備品等の破損を巡って、貸主との間でトラブルを避けるための一助となるでしょう。


この記事をシェアする