あなたの賃貸生活をサポートするインフォメーションサイト

修繕費をはじめとした退去費用の高額化の原因と対策

高額の退去費用が請求される具体的事例

基本的に賃貸退去時に修繕費用が請求される事例は、備品の紛失と設備の破損が主です。
当然ながら自然についたとみなされる微細な傷や汚れ、摩耗などに関しては、賃貸料に含まれているとみなされるため貸主側の負担となりますが、鍵や備え付けの備品等の紛失や破損は借手側の負担となりますし、クーラーやエアコンといった備え付けの設備に関しては、自然に故障した場合を除き、清掃やフィルター交換等のメンテナンスを怠った場合は入居者の負担となります。

壁・壁紙等の場合も、日焼けをはじめとした自然損耗や画鋲等の穴、家具や家電の周囲の黒ずみや汚れなどはよほど酷いものでなければ、貸主側の負担となりますが、たばこのヤニや釘や螺子による穴、油汚れなどは借り手側の負担となります。
この他、床の傷や窪みは深度に応じて、畳の交換が必要であれば交換が必要な枚数の畳、水回りのカビや水垢等は借り手側の責任と見なされて修繕費を請求されます。

不当な修繕費用を請求された場合の対処

修繕費用の不当請求は賃貸物件を退去する際の最悪な事例の一つです。
貸主側が不当に修繕費用を請求する場合や、貸主が委託・提携している業者が貸主の許可を得ずに借主に不当な請求を行う場合など、様々な要因によって引き起こされるリスクなので、このようなリスクを防ぐためには入居時に交わされる契約書類の徹底確認や、入退居時に貸主に部屋での立ち会い検査を求めるなど、一定の知識に基づく自衛が不可欠となります。

既に発生済みの不当な請求に対する有効な手段としては、消費者センターや弁護士への相談の他、国土交通省による「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」の利用が堅実でしょう。
加えて同賃貸物件に入居中の住民への根回しや、業者を信用せずに網戸のような消耗品の新規取付けといった貸主側が負担するべきものが請求されていないかどうかも確認するべきです。


この記事をシェアする